白馬岳

やまびと夏の遠征、14名参加

白馬尻小屋の前から見る大雪渓
ここまででずいぶん汗をかいたが雪を目の前にすると気分はだいぶ涼しくなってくる。
e0091909_9123727.jpg

大雪渓を登る
登り始めたのが1時30分すぎだったのでほかに人はいなかった。
午前中は人、人、人で大渋滞だったようでここは午後からの入山は禁止されているらしい。
実際、下山してきた監視員にもっと早くに登り始めるようにと柔らかくチクリと言われた。
e0091909_9125483.jpg

雪渓を過ぎると葱平、ここも急登が続く。お花畑もたくさんあったが花を見る余裕はない。
空気が薄くなってきたのを足に感じる。
e0091909_9132268.jpg

谷底から低空でヘリが上がった来た。しばらくして帰っていったが後で聞いてみると
骨折者が出たそうな。
e0091909_9133330.jpg

今日の山小屋(村営頂上宿舎)の晩ご飯は鰻の蒲焼きをメインにした食べ放題のバイキングと豚汁でした。ちなみに缶ビール(500CC)700円、ワンカップの日本酒が450円でした。
e0091909_914927.jpg

おなかの方も落ち着いたら外に出て今日一日の疲れを癒す。
そんなに寒くなく夕日が沈むまでのひとときを隣の見知らぬ人(共通点は山が好き)と語らう。
e0091909_9143496.jpg

旭岳に沈む夕日。
e0091909_9144949.jpg

北斗七星
真っ暗になるのを待ちかねて外に出ると満天の星。目が慣れてくると天の川や人工衛星まではっきり見えた。
e0091909_915568.jpg

2日目は日の出を見るため朝4時出発。あいにくガスで何も見ることができなかった。
e0091909_9153913.jpg

ガスの切れ間に一瞬長池が見えた。
e0091909_915585.jpg

白馬大池
e0091909_9194664.jpg

天狗原に下る
e0091909_9163650.jpg

天狗原湿原のワタスゲ
e0091909_9165268.jpg


栂池からはロープウェイで降りる。
計画通りの時間で行動でき、帰りの電車にも遅れることなく乗れました。
[PR]
by inoshikatanuki | 2008-07-29 10:09 |


<< おわらの盆踊り 伊吹山(7回目) >>