カテゴリ:未分類( 62 )

炭焼き

今朝、釜に火が入った。口を閉じて今から36時間ほど焚く。
e0091909_1145656.jpg

今後、煙突からの煙の温度で管理する。
80℃をずっと維持して最後の焚き上がりに一瞬300℃まで温度を上げて火を消すらしい。
その後一週間ほど温度が下がるのを待って釜出しとなる。順調にいけば来週の21日(土)頃か。
e0091909_11452244.jpg

屋根は間に合わなかったので今はビニールシートだが最終的には杉皮を葺くらしい。
e0091909_11453983.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2002-04-10 12:07

炭焼き始まる。

炭焼きの準備が整ったため今日火が入った。
e0091909_13134999.jpg

2~3日かけてぎっしり入った木材を煙でいぶして乾燥させる。。
e0091909_1314410.jpg

それと並行して屋根を作るが後の土手がじゃまになるので重機で取り除く。
e0091909_13142124.jpg

土の中からクズの根が出てきた。つぶして水にさらすとくず粉が採れる。
e0091909_13143470.jpg

屋根の柱になる部分が組めた。
e0091909_13145944.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2002-04-08 13:27

春の花


炭焼き小屋は周囲の壁ができて後は天井を残すのみとなった。
e0091909_16174661.jpg

炭焼きの材料の木材も用意できた。
e0091909_16164220.jpg

ミツバツツジ
e0091909_15553771.jpg

ショウジョウバカマ
e0091909_15555676.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2002-04-01 16:06

炭焼き小屋

ハナダイコン(ショカツサイ)
去年から咲き始めた。
e0091909_1538474.jpg

棚田を囲む山にも山桜が咲き始めた。
e0091909_1539323.jpg

山形から持ってきて小屋の横に植樹した敬養桜
e0091909_15391992.jpg

今年は炭焼き小屋を造り炭焼きをする。
小屋を建てる場所を御神酒で清めるこの地区で炭焼き50年の達人。
今日は炭焼き小屋の一番熟練が必要なところの煙突部分まで作った。
写真には記録したが企業秘密と言うことでブログには発表できない。
e0091909_15393566.jpg

水路は今までは土を掘って溝を付けただけだったがU字溝のブロックを入れた改修工事を少しずつ行っている。
e0091909_1540951.jpg

竹割り機で竹を割る。懐かしい道具を久しぶりに見た。
e0091909_15402753.jpg

今年は休憩小屋の壁塗りも予定している。
割った竹を格子状に張り壁塗りの準備。だが実際に塗り始めるのは秋になるだろう。
e0091909_15403923.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2002-03-24 16:07

棚田

もうすぐたんぼが始まります。
後の藤原岳はまだ真っ白です。
e0091909_12262747.jpg

畑を荒らされないように柵ができました。
e0091909_12265936.jpg

ビオトープ横の水路に石組みができました。
e0091909_1227188.jpg

夏場の暑さをしのぐ東屋完成。
e0091909_12273117.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2002-03-20 12:31

新酒の仕込み

棚田で収穫された酒米(伊勢錦)を使って酒造りをする。
酒造りは免許と設備と知識がないとできないので四日市の伊藤酒造に委託し酒造りを体験させてもらう。

酒蔵(伊藤酒造)
新酒ができると新しい酒林(杉玉)が掛けられる。
e0091909_17375738.jpg

大正時代の建物
e0091909_1738132.jpg

ポンプを使わなくても泉のようにわき出してくる井戸水。
e0091909_17382876.jpg

新酒の仕込み 
棚田の酒は、ここの酒蔵の小さなタンクを借りて作る。
e0091909_1739633.jpg

麹(こうじ)を入れる。
e0091909_17393390.jpg

今日使う米。
e0091909_17401146.jpg
 
写真ではわかりにくいが小さい。60%まで精米する。
e0091909_17394786.jpg

時間を計りながら米を洗い、水分を吸収させる。
その日の水温で時間を変え決められた含水率に合わせる。
e0091909_17402858.jpg

蒸し器に米を拡げる。
e0091909_17412057.jpg

蒸気が上がってくる。
上に乗せてある棒は櫂(かい)、タンクを混ぜるときに使うが高温の蒸気で殺菌している。
e0091909_1741356.jpg

蒸し上がった米を拡げて冷やす。
e0091909_1742483.jpg

タンクに入れて櫂で混ぜる。
e0091909_17423695.jpg

すぐに発酵が始まる。まだ弱いが酒のにおいがする。
e0091909_17425586.jpg

後の管理は伊藤酒造に任せて熟成を待つ。

予定では2月24日に搾って瓶詰め、ラベル貼りを行う。
[PR]
by inoshikatanuki | 2002-01-21 18:13

カワニナ放流

e0091909_1852258.jpg棚田の北側の用水にカワニナを放流    
水量は少ないが20㎝幅の用水は水の
流れが速くカワニナが流れていく。
枯れ草や木の枝などで流れが遮られて
いるところに置いたがうまく増えるだろうか。
カワニナの半分はビオトープに入れる。
来年はここに蛍の幼虫を放す予定。
e0091909_18541233.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2001-11-27 18:40

収穫作業も終わった

静けさの戻ってきた棚田
e0091909_921893.jpg

米の選別
e0091909_925332.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2001-11-19 08:59

稲刈り・2


棚田のオーナーは先週雨天のためほとんど稲刈りができなかったので残りの稲(ハツシモ、飯米)の稲刈りをした。
明日からは脱穀が始まる
エコクラブの子供達、春に自分たちで植えた稲を2週間かけて刈った
e0091909_19295638.jpg
 
収穫されたサツマイモ
e0091909_19305755.jpg

棚田で見つけたヤマブドウ
e0091909_19343680.jpg

棚田で見つけたアケビ
e0091909_19351358.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2001-11-05 19:28

稲刈り

10月22日棚田で稲刈りのイベントが行われた。
棚田のオーナー、地元のボランティアなど約20人ほどが参加。
その日刈ったのは餅米、飯米の稲刈りは来週の土日に行われる。
e0091909_13104241.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2001-10-23 12:58