カテゴリ:山( 123 )

風越山 1535m(長野県飯田市)

風越山登山のツアーに参加した。
かざこし子供の森を出発、前方に見える山は風越山の前衛峰の虚空蔵山(1130m)。
e0091909_20101711.jpg

虚空蔵山から南アルプスを望む。
e0091909_20104640.jpg

今回のツアーのテーマ、ベニマンサクの紅葉、花も咲いていたが小さくてうまく撮れなかった。
e0091909_2011784.jpg

ガイドは岩崎元郎さん。
e0091909_20114090.jpg

スポンサーとして参加していたゴールドウィンのスタッフ達と。
e0091909_20115661.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-11-02 20:40 |

伊吹山(9回目)

今年、最後の伊吹山に登りました。
いい風が吹いていてパラグライダーも気持ちよさそうでした。
e0091909_1062765.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-10-20 10:57 |

白馬岳

やまびと夏の遠征、14名参加

白馬尻小屋の前から見る大雪渓
ここまででずいぶん汗をかいたが雪を目の前にすると気分はだいぶ涼しくなってくる。
e0091909_9123727.jpg

大雪渓を登る
登り始めたのが1時30分すぎだったのでほかに人はいなかった。
午前中は人、人、人で大渋滞だったようでここは午後からの入山は禁止されているらしい。
実際、下山してきた監視員にもっと早くに登り始めるようにと柔らかくチクリと言われた。
e0091909_9125483.jpg

雪渓を過ぎると葱平、ここも急登が続く。お花畑もたくさんあったが花を見る余裕はない。
空気が薄くなってきたのを足に感じる。
e0091909_9132268.jpg

谷底から低空でヘリが上がった来た。しばらくして帰っていったが後で聞いてみると
骨折者が出たそうな。
e0091909_9133330.jpg

今日の山小屋(村営頂上宿舎)の晩ご飯は鰻の蒲焼きをメインにした食べ放題のバイキングと豚汁でした。ちなみに缶ビール(500CC)700円、ワンカップの日本酒が450円でした。
e0091909_914927.jpg

おなかの方も落ち着いたら外に出て今日一日の疲れを癒す。
そんなに寒くなく夕日が沈むまでのひとときを隣の見知らぬ人(共通点は山が好き)と語らう。
e0091909_9143496.jpg

旭岳に沈む夕日。
e0091909_9144949.jpg

北斗七星
真っ暗になるのを待ちかねて外に出ると満天の星。目が慣れてくると天の川や人工衛星まではっきり見えた。
e0091909_915568.jpg

2日目は日の出を見るため朝4時出発。あいにくガスで何も見ることができなかった。
e0091909_9153913.jpg

ガスの切れ間に一瞬長池が見えた。
e0091909_915585.jpg

白馬大池
e0091909_9194664.jpg

天狗原に下る
e0091909_9163650.jpg

天狗原湿原のワタスゲ
e0091909_9165268.jpg


栂池からはロープウェイで降りる。
計画通りの時間で行動でき、帰りの電車にも遅れることなく乗れました。
[PR]
by inoshikatanuki | 2008-07-29 10:09 |

霊仙山

霊仙山の例会の下見に登った。
快晴だったが湿度も低くさわやかな空気の中、気持ちよく登れた。
今の時期の霊仙は花盛りでイチリンソウ、ニリンソウ、アケビ、ニシキゴロモ、エビネ、ヤマシャクヤク、マムシグサと期待は裏切られなかった。
来週もまだ見ることができると思う。
上り 3時間30分
下り 2時間40分だった。
e0091909_19474921.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-05-17 19:49 |

御池岳

今日、やまびとの仲間達と御池岳に登る。
天気も良く北の山がガスの切れ間にはっきり見えた。
左端の黒いのが伊吹山、右側の雲の下の雪山は白山。中央の雪山は能郷白山。
画像をクリックすると大きくなります。
e0091909_2185669.jpg

カタクリはまだ蕾で、花が開いたカタクリは一輪も見ることができなかった。
今回は5ヶ所の池巡りをした。
e0091909_2123581.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-04-20 21:18 |

藤原岳

上り、聖宝寺コース、下り、大貝戸コースで藤原岳に登った。
さすがに登山者は多い。
昨日、今日と観光駐車場まで一杯だったらしい。
セリバオウレン、セツブンソウは上りでも下りでも見ることができた。フクジュソウは山頂でも満開だった。
雪は登山道には少し残っているが山頂の日のあたる所ではもうほとんど無かった。

セリバオウレン
e0091909_17165374.jpg

セツブンソウ
e0091909_17171492.jpg

フクジュソウ
e0091909_17173638.jpg

マンサク
e0091909_17182944.jpg

このほかにコショウノキ、ミスミソウ、ミヤマカタバミなども見ることができた。

今回は単独で登ったが途中、和歌山労山のグループと一緒になり話をしながら楽しい登山となった。熊野古道、中辺路、大辺路に行ったときには再会したいですね。
[PR]
by inoshikatanuki | 2008-03-23 17:44 |

御在所岳

ボクの呼びかけに4人の山友が集まってくれました。
新雪の中、雪の感触を踏みしめながら登りました。

蒼滝
e0091909_192489.jpg

藤内小屋のつらら
e0091909_1922988.jpg

藤内沢を見上げると見えた氷
e0091909_1934794.jpg

国見峠より上は樹氷に変わる
e0091909_1932483.jpg

頂上の樹氷
e0091909_1925273.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-02-16 19:17 |

入笠山(1955m) 長野県

旅行会社の企画する入笠山雪山登山に参加した。
参加者17名。3分の2が女性だった。
大型バスだったので1人2席ずつ確保でき快適だった。

富士見パノラマのゴンドラで山頂駅まで上がりそこから歩き始めるとすぐに
入笠湿原に出る。
e0091909_755234.jpg

案内板では興味をそそられる花の名前がある。クリンソウ、スズラン、ヤナギラン、クサレダマ。
花の時期にもう一度来てみたい。6月のスズランが素晴らしいらしい。
e0091909_7554252.jpg

急な上りの手前でアイゼン装着の指示が出た。大人数で高齢者もいて装着に手間取る。
e0091909_756997.jpg

カラ松の樹林帯を抜けていく。
e0091909_7563883.jpg

カラ松の実
e0091909_757137.jpg

我々の前に2組ほどのグループが歩いたようでラッセルはされていたがそれでも新雪はサラサラでギュッと締まらず歩きにくかった。ボクはアイゼンは付けなかったが滑りにくくて良かったのかも。積雪60㎝くらい。
e0091909_757258.jpg

山頂に到着。
e0091909_10391626.jpg

山頂は広く何も遮る物もなく360°の大パノラマ。本来なら南、北、八ヶ岳、富士山まで見えるはずだが、残念ながら今日は最後まで雪のやむことは無かった。
e0091909_7574714.jpg

下りも元来た道を下る。
e0091909_7581594.jpg

振り返れば入笠山がうっすらと見える。
e0091909_7583860.jpg

今日、お世話になった添乗員の安井さんと女性ガイドの富山さん。
e0091909_7585840.jpg

帰りに天然温泉 水神の湯で入浴。雪の中の露天風呂は雰囲気があって良かった。
e0091909_7591841.jpg

帰りの高速道路も雪で渋滞していたが30分遅れ程度で帰って来ることができた。
[PR]
by inoshikatanuki | 2008-02-04 08:53 |

鎌ヶ岳

鎌ヶ岳に男ばかり4名で登りました。

大滝のつららです。
e0091909_1752524.jpg

三ッ口谷から長石尾根に上がり、見た鎌の樹氷です。
e0091909_17532752.jpg

山頂から見る入道ヶ岳ですが積雪はあまり無いようです。
e0091909_17545854.jpg

今日の頂上で出会ったのは3組ほどで5人程度でした。
e0091909_17552834.jpg

少人数でコンパクトに動けたので午後1時30分には車の所に下りていました。
e0091909_17554970.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2008-02-02 18:50 |

2月の自主トレのお誘い

2月16日(土) 御在所岳(裏道~中道)
2月23日(土) 桧塚か高見山・・・早朝(桑名を7時頃)に出て日帰りします。

天候と雪の付き方で変更、あるいは入れ替わり、中止になるかもわかりませんが
ボクの勤務の都合で決めさせてもらいました。

最終決定は前日の金曜日の夜、ブログに書き込みます。
[PR]
by inoshikatanuki | 2008-02-01 17:33 |