カテゴリ:山( 123 )

御所平

今日は山の会の山行の下見に同行する。
稜線歩きのため展望がものすごく良く楽しく登れた。
安楽峠から御所平までをピストン。
上り2:50、下り2:20。
ただマイナーなコースのためマーキングも少なく迷いやすいところが何カ所かあった。

草原に見えるが笹原、膝くらいの背の低い笹に覆われている。
e0091909_202059100.jpg

見晴らしが良く冬のさわやかな空気の中、歩きやすかった。
e0091909_2021297.jpg

御所平は仙ヶ岳の展望台。仙ヶ岳が高く大きく近くに見える。
e0091909_2022035.jpg

中腹より下は今が紅葉の見頃。
e0091909_20223857.jpg

イロハカエデ
e0091909_2025323.jpg

ズミ
e0091909_20231280.jpg

サワフタギ
e0091909_20235222.jpg

シロダモ
e0091909_20243014.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-12-01 20:52 |

聖宝寺

明日から聖宝寺のもみじ祭りが始まる
今日、少し時間があったので行ってみた

血のモミジの紅葉はまだ少し早かった。階段下で屋台の準備をしていた人に聞くと見頃は月末らしい。
e0091909_18241230.jpg

枝の先の方は赤くなっているところもある。
e0091909_18244263.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-11-16 18:29 |

霊仙山

現在、山頂から8合目付近が紅葉している
e0091909_1345116.jpg

お猿岩をすぎたあたりから360°大展望になる。笹原を歩きながら霊仙山の大きさを感じる。
天気も良く琵琶湖も大きく近くに見えた。
e0091909_13461515.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-11-05 13:57 |

栂池・八方尾根・白馬五竜

栂池・八方尾根・白馬五竜のバスツアーに参加。

栂池、楠川(1860m)
天気は最高に良かったが紅葉には少し早かった。
e0091909_82293.jpg

八方尾根、第1ケルン付近(1831m)
白馬三山の展望台。近く大きく見える。
e0091909_831192.jpg

白馬五竜、地蔵の頭頂上(1676m)
ここから4時間程度で五竜山頂に行ける。が、ツアーのため今日はここまで。
e0091909_84479.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-10-08 08:14 |

伊吹山

登り始めたときはガスの中だったが次第に晴れて7合目からスキー場方面を見た。
e0091909_20565184.jpg

山頂のサラシナショウマ。もう最後。ほとんど種になっている。
今はコイブキアザミが見頃。来週あたりからイブキトリカブトが咲き始めるだろう。
e0091909_20572510.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-09-08 21:02 |

御嶽山

朝焼けの中に見る北アルプス、槍ヶ岳方面。このときの気温は10℃だった。
e0091909_19412624.jpg

飛騨山頂より上はずっとこんな感じの岩場。
e0091909_1942146.jpg

雲海。さすが高度3,000㍍。
e0091909_1942476.jpg

二の池。
今回、宿泊した二の池新館はここから水を引いている。
2800メーターの高山でのお風呂には感激した。
e0091909_19433682.jpg

三の池。
e0091909_19435446.jpg

四の池。
雨が降って水が溜まれば池になる。川もある。
e0091909_19441357.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-08-27 20:12 |

剣山1955㍍ (徳島県)

10年ぶりに剣山に登る。ボクが登山を始めるきっかけとなった山。
天涯の花でキレンゲショウマが有名になり阿波踊りと重なり今の時期が観光客は一番多い。
そのキレンゲショウマはシカの食害のため、下の方は全滅らしい。現在、群生地はネットで囲んで保護している。

西島神社付近、ここがリフトの終点、ほとんどの観光客はここから歩き始める。
頂上までは約40分。前方が剣山。
e0091909_2038712.jpg

山頂の木道。次々に延長されているようだ。
e0091909_20383935.jpg

以前は山頂でこのような花を見ることはなかったがこれも木道のおかげ?
タカネオトギリとシコクフウロ
e0091909_2038599.jpg

木道のために人が見ていると下に降りにくく三角点にタッチがしにくくなった。
e0091909_20395925.jpg

キレンゲショウマ
宮尾登美子は天涯の花の中でこの花の色を月の光に例えたが
ボクには何度見ても卵の黄身の色にしか見えない。
e0091909_20403317.jpg

阿波の山はだいたいこういう雰囲気。
e0091909_2040516.jpg

熊の看板
最近はどこの山に入っても熊注意の看板があるが四国は本州とは少し事情が違う。
四国にはもうほとんどツキノワグマはいなくて絶滅危惧種に指定されている。
人間と共存できるようになるべく出会わないようにいろいろ知恵を絞っている。
e0091909_2041853.jpg

瀬戸内海方面
天気のいい日は大山まで見えるそうだ。
e0091909_204124100.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-08-15 21:01 |

栂池

二日目は栂池自然園に行く。ここも木道が整備され観光客が多い。
立ち止まるとすぐ渋滞するので写真がゆっくり撮れなかったのが少し不満だが、時間も充分あり高山植物をたっぷり見ることができて今回の企画には感謝している。

ワタスゲ湿原
e0091909_19562127.jpg

浮島湿原
ニッコウキスゲが満開だった。
e0091909_19565129.jpg

楠川
e0091909_19571314.jpg

モウセン池
e0091909_19573850.jpg

展望湿原で昼飯を食べながら待つこと10分。ガスが切れ白馬連山が一瞬顔を見せてくれた。
本当にほんの一瞬でドラマチックと言う言葉がぴったりだった。
e0091909_19575749.jpg

ルリボシヤンマ
人だかりができていたので行ってみるとトンボが羽化していた。
順番を待って、トンボを隠していた手前のミズバショウの葉を手で押さえながら写した。
e0091909_20153211.jpg

アオジョウカイ
e0091909_20154735.jpg

秋は確実にもうそこまで来ている。
e0091909_21345765.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-08-07 20:14 |

八方尾根

あるハイキングクラブの企画に参加した。
天気はあいにくの曇り・雨。八方尾根の木道を歩いているときは小雨で風もなかったので傘をさして歩いていたが尾根にあがると同時に両側からの上昇気流で傘をまくられる。
雨も強くなってきたのでカッパを着る。八方池に着いても展望はなく花の写真だけで我慢する。

ガスは流れていたので時々視界が開けた。
e0091909_18585053.jpg

唯一残っていた雪渓。
e0091909_1859757.jpg

八方池。手前はオヤマソバ。
e0091909_18592433.jpg

池の周りは登山者が蟻の行列のようにつながっていたがそれが一瞬とぎれ、その後二人の女性が水面に映ったので点景に撮らせてもらった。
e0091909_18594290.jpg

ハッポウアザミとコヒョウモン
e0091909_190950.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-08-07 19:56 |

加賀白山

1日目
別当出合登山口発(12:06)=中飯場(12:58)=甚之助避難小屋(14:29)=砂防新道分岐(15:02)=南竜山荘着(16:28)
2日目
南竜山荘発(6:25)=室堂(8:36)=御前峰2702m(9:32)=室堂(11:36)=甚之助避難小屋(14:00)=中飯場(15:25)=別当出合登山口着(16:20)


エコーラインから南竜山荘を見る、前日ここで泊まった。
e0091909_202537.jpg

弥陀ヶ原を行く。ツアー登山者が多い、木道は大渋滞。雪渓があちこちに残っていて気分的には涼しい。
e0091909_200556.jpg

コバイケイソウ、後は室堂センター、南竜山荘で作ってもらった弁当をここの食堂で広げて食べた。セルフのお茶までもらって。ちょっと厚かましかった。
e0091909_202727.jpg

登山道はよく整備されていて登山と言うよりハイキング気分で歩ける。両側はミヤマキンポウゲ。
e0091909_21221075.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2007-07-25 20:26 |