<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鎌ヶ岳

宮妻峡から鎌ヶ岳に登る
昨夜、雪が降ったらしい。まだ誰も登っていないカズラ谷の上の尾根を、ラッセルしながらトレースを付けていく。
雪は膝上まであり結構きつい。
雲母峰の分岐を越えたあたりで後から6人組のパーティが来たのでトップを変わってもらう。
岳峠の手前で6人組と別れて鎌尾根終点地点に向かう。
ここは鎌ヶ岳撮影の絶好のポイント。
鎌ヶ岳の頂上には6人組しかいなかったが三ッ口谷方面と長石谷方面からのトレースがあった。
疲れたが登り切ったときの爽快さはどのコースから登っても、雪の鎌ヶ岳は別格だね。
山頂の温度 -6℃
コースタイム。登り 4時間15分。 下り1時間45分。

鎌尾根終点の三角点から見る鎌ヶ岳
e0091909_2061979.jpg

岳峠から見る鎌ヶ岳
e0091909_2064464.jpg

霧氷、うしろは雲母峰
e0091909_207540.jpg

岳峠の雪屁
e0091909_16541016.jpg

山頂、鳥居の前で
e0091909_2073419.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2006-01-28 20:01 |

伊吹山

上石津のトンネルを抜けたあたりから見る。
天気も良く雪もたっぷりある。
e0091909_1653672.jpg

7合目付近より今来たコースを振り返る。
夏道と違いほとんど直登。
e0091909_16533252.jpg

8合目付近。
ここいらあたりから急に角度がきつくなる。
アイスバーン気味でキックステップでけり込めなくなりアイゼンをつける。
今日はピッケル必携だった。ストックで来たことが悔やまれる。
e0091909_16535567.jpg

山頂、売店が雪の下。
気温は-8℃だった。
頂上に着いたときには全体にガスがかかり、奥美濃の山の展望は無かった。
e0091909_16541167.jpg


山頂にはたくさんの人が登っていたが約半分はスキーヤーとスノーボーダー。
「この斜面をよくスキーで滑れるね」って女性のスキーヤーに言ったら「歩いて下りるほうが怖い」って言われた。

3合目まではゴンドラとリフトを使う。
ゴンドラ往復と3合目までのリフト券、シニア料金で1000円。
リフト終点からのコースタイム
登り1時間35分、下り1時間25分
先週降った雨で雪が締まり昨日の冷え込みでアイスバーンぎみ。
今日は久々にスリルがあった。
[PR]
by inoshikatanuki | 2006-01-22 16:52 |

高見山


高見トンネルを抜けると樹氷に覆われた高見山が見える。
ここはカメラマンの撮影ポイント。朝早くから多くのカメラマンが三脚を立てていた。
頂上付近はガスがかかっていた。
e0091909_18234749.jpg


小峠から高見山の尾根にとりつくと北からの風をもろに受ける。
風でとばされてきた氷の粒が顔に当たる。痛い。
e0091909_18243458.jpg

e0091909_18254816.jpg

e0091909_18273482.jpg


ブナの木、幹が太くダイナミック、頂上避難小屋付近にたくさんある。
ここに来る登山者はみんなこの大木群の樹氷を目当てに来る。
山頂の気温は-7℃
e0091909_1857639.jpg


頂上付近でパチリ
良く踏まれていたのでスノーシューは出番がなかった。
e0091909_18292360.jpg


大峠で見つけた霧氷
e0091909_18294522.jpg

[PR]
by inoshikatanuki | 2006-01-08 18:06 |