大社祭り

東員町の上げ馬神事を見に行った。
写真の被写体としてはおもしろく多くのカメラマンが来ていた。
場内アナウンスでは動物愛護を強調していたが馬場の坂で転倒する馬や転げ落ちる騎手を見ているとよそ者のボクには馬の受難の日に思えた。
子供の頃からこの祭りを見ている者にとっては毎年の楽しい祭りなんだろうしボクも興奮しながらシャッターを切っていたのでこれ以上のコメントはしない。

騎手は飛び上がるタイミングを計るために何度かリハーサルをしていた。
壁の手前まで走って引き返すところ。
後の人が立っている壁を飛び上がる。垂直に2㍍ある。
e0091909_18135946.jpg


壁を飛び上がるところ。両脇から若い衆が手綱をつかんで引っ張り上げる。
e0091909_18182220.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-04-05 18:20

しだれ桜

勝泉寺の桜、みんなが撮る定位置からの桜です。
e0091909_125290.jpg

ボクには満開に見えたけどお寺のおばあちゃんの話では9分咲きだそうです。
確かに枝の先の方にはまだ蕾が見えるし風が吹いても花びらが散りません。
今週いっぱいは大丈夫のようです。
e0091909_1253643.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-04-01 12:10 |

藤原岳

上り、聖宝寺コース、下り、大貝戸コースで藤原岳に登った。
さすがに登山者は多い。
昨日、今日と観光駐車場まで一杯だったらしい。
セリバオウレン、セツブンソウは上りでも下りでも見ることができた。フクジュソウは山頂でも満開だった。
雪は登山道には少し残っているが山頂の日のあたる所ではもうほとんど無かった。

セリバオウレン
e0091909_17165374.jpg

セツブンソウ
e0091909_17171492.jpg

フクジュソウ
e0091909_17173638.jpg

マンサク
e0091909_17182944.jpg

このほかにコショウノキ、ミスミソウ、ミヤマカタバミなども見ることができた。

今回は単独で登ったが途中、和歌山労山のグループと一緒になり話をしながら楽しい登山となった。熊野古道、中辺路、大辺路に行ったときには再会したいですね。
[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-03-23 17:44 |

棚田の酒造り

伊藤酒造に依頼してあった棚田の米を使ったお酒が搾れたので今日瓶詰めをした。

においだけで酔っぱらってしまう。
e0091909_18131699.jpg

今年は4合ビンで600本、1升ビンで210本できた。
e0091909_18133739.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-03-08 18:23

梅まつり

明日から梅林公園で梅まつりが始まる。
一足早く静かな梅園を訪ねた。
4500本といわれる梅の木で花が見られたのはまだほんの数本だった。

e0091909_1551291.jpg
e0091909_15515032.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-03-07 15:59 |

春が来た

昨日、今日と急に春めいた陽気になりました。
もうそろそろかなと里山の棚田のあぜ道やヤブの中をはいずり回りやっと見つけました。
数百輪のまとまった群生地のようです。
セツブンソウは三重県のレッドデーターブックでは藤原町と伊賀町でしか確認されてないようです。
e0091909_17435266.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-22 17:59 |

御在所岳

ボクの呼びかけに4人の山友が集まってくれました。
新雪の中、雪の感触を踏みしめながら登りました。

蒼滝
e0091909_192489.jpg

藤内小屋のつらら
e0091909_1922988.jpg

藤内沢を見上げると見えた氷
e0091909_1934794.jpg

国見峠より上は樹氷に変わる
e0091909_1932483.jpg

頂上の樹氷
e0091909_1925273.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-16 19:17 |

おちょぼさん

チャンスがあれば一度行きたいと思っていた千代保稲荷にやっと行くことができました。
e0091909_1155460.jpg

平日だったので空いていました。
e0091909_1161831.jpg

油揚げをお祀りしてお参りします。
e0091909_117491.jpg

朝も早く商店街に人もまばら。
e0091909_1173287.jpg

なんかなつかしい風景です。
e0091909_1175729.jpg

ここに来たらどては食べてみたいと思っていました。
食べてみて好きな味じゃなかったけれど、こういう味なんだと納得しました。
e0091909_1182580.jpg

甘酒もこの空間にはよく似合います。
e0091909_1185477.jpg

行列ができていたので横から覗いてみるとおじいさんが1人でたいやきを焼いていました。
e0091909_1191354.jpg

足の指のようでつい写しました。野菜は安く感じました。
e0091909_1194092.jpg

「エイヒレ」 これは初めて見ました。
e0091909_1195895.jpg

ナマズも食べてみたくて注文しました。
身は白くて柔らかく淡泊でしたが味付けがちょっとくどく生臭さが口の中に残ったのが残念でした。
e0091909_11102090.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-09 11:34

入笠山(1955m) 長野県

旅行会社の企画する入笠山雪山登山に参加した。
参加者17名。3分の2が女性だった。
大型バスだったので1人2席ずつ確保でき快適だった。

富士見パノラマのゴンドラで山頂駅まで上がりそこから歩き始めるとすぐに
入笠湿原に出る。
e0091909_755234.jpg

案内板では興味をそそられる花の名前がある。クリンソウ、スズラン、ヤナギラン、クサレダマ。
花の時期にもう一度来てみたい。6月のスズランが素晴らしいらしい。
e0091909_7554252.jpg

急な上りの手前でアイゼン装着の指示が出た。大人数で高齢者もいて装着に手間取る。
e0091909_756997.jpg

カラ松の樹林帯を抜けていく。
e0091909_7563883.jpg

カラ松の実
e0091909_757137.jpg

我々の前に2組ほどのグループが歩いたようでラッセルはされていたがそれでも新雪はサラサラでギュッと締まらず歩きにくかった。ボクはアイゼンは付けなかったが滑りにくくて良かったのかも。積雪60㎝くらい。
e0091909_757258.jpg

山頂に到着。
e0091909_10391626.jpg

山頂は広く何も遮る物もなく360°の大パノラマ。本来なら南、北、八ヶ岳、富士山まで見えるはずだが、残念ながら今日は最後まで雪のやむことは無かった。
e0091909_7574714.jpg

下りも元来た道を下る。
e0091909_7581594.jpg

振り返れば入笠山がうっすらと見える。
e0091909_7583860.jpg

今日、お世話になった添乗員の安井さんと女性ガイドの富山さん。
e0091909_7585840.jpg

帰りに天然温泉 水神の湯で入浴。雪の中の露天風呂は雰囲気があって良かった。
e0091909_7591841.jpg

帰りの高速道路も雪で渋滞していたが30分遅れ程度で帰って来ることができた。
[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-04 08:53 |

鎌ヶ岳

鎌ヶ岳に男ばかり4名で登りました。

大滝のつららです。
e0091909_1752524.jpg

三ッ口谷から長石尾根に上がり、見た鎌の樹氷です。
e0091909_17532752.jpg

山頂から見る入道ヶ岳ですが積雪はあまり無いようです。
e0091909_17545854.jpg

今日の頂上で出会ったのは3組ほどで5人程度でした。
e0091909_17552834.jpg

少人数でコンパクトに動けたので午後1時30分には車の所に下りていました。
e0091909_17554970.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-02 18:50 |

2月の自主トレのお誘い

2月16日(土) 御在所岳(裏道~中道)
2月23日(土) 桧塚か高見山・・・早朝(桑名を7時頃)に出て日帰りします。

天候と雪の付き方で変更、あるいは入れ替わり、中止になるかもわかりませんが
ボクの勤務の都合で決めさせてもらいました。

最終決定は前日の金曜日の夜、ブログに書き込みます。
[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-02-01 17:33 |

藤原岳の写真展

藤原岳自然科学館で行う写真展の準備がほぼ終わり、今日中日新聞の取材を受けました。
美人記者ににやけっぱなしです。
e0091909_1827305.jpg

写真展は2月7日から3月31日まで。
開館時間は9時から5時。
休館日は月・火です。

取材を受けながら山野草の話で盛り上がり、セツブンソウが咲いたという情報もあったので雨の中、自生地に一緒に見に行った。3輪咲いていたがやはりこの花にはスプリング・エフェメラル(春の妖精)という言葉がよく似合う。
彼女は濡れた地面に座り込んで写真を撮っていました。喜んでもらえたようです。
e0091909_18275178.jpg

[PR]
# by inoshikatanuki | 2008-01-29 18:39 |